園長からのご挨拶

 

こんにちは。
ひだまり保育園の真鍋です。

 

私には、三人の子どもが居ます。
その三人の子ども達は、おばあちゃんの事をとっても大事にしてくれます。赤ちゃんの頃より何時も側で見守り、温かく育ててくれたからです。

 

この姿を通して核家族化が進む中で、色々な人との関わりの大切さを強く感じ、この事を形にできないかとずっと考えてきました。
おばあちゃんのお家に居るような、温かい雰囲気の中で安心して生活し遊べる保育園を作ろうと考えました。

 

そして、公立の保育園、こども園での40年間の経験を生かし、少人数ならではの一人ひとりの”なぜ?””ふしぎ?””やってみたい!”を大切にします。

 

生活や遊びの中での様々な発見や不思議を経験する子ども達の気付きや気持ちに寄り添い、試行錯誤を繰り返す過程を見守り、内面の育ちを大切にしたいです。

 

子ども達の成長を保護者の方と一緒に喜び合い・育み合う、共同の保育者を目指し、地域に根ざした温かい、家族のような保育園でありたいと思います。